わらびはだとネオわらびはだの違いは?どちらがおすすめか詳しく解説!

わらびはだとネオわらびはだの違いは? スキンケア

「わらびはだ」と「ネオわらびはだ」は、どちらもオールインワンジェルであり、製品名やパッケージもとてもよく似ていますのでどちらを選んでよいのか迷ってしまいますね。

「わらびはだ」は角質ケアや保湿ケアに、「ネオわらびはだ」はお肌のハリとうるおいケアを目指した製品です。

この記事では「わらびはだ」と「ネオわらびはだ」のそれぞれの特徴や、違いについて詳しく解説しています。

「わらびはだ」と「ネオわらびはだ」の違いを詳しく知りたい方はこの記事を、「わらびはだ」「ネオわらびはだ」について詳しく知りたい方はこちらの公式サイトを確認してください。
↓↓↓

わらびはだの公式サイトはこちら
「ネオわらびはだ」については公式サイトの最下部の会社概要から確認することができます。

ネオわらびはだの効果

ネオわらびはだは、肌の深部である角質まで浸透し、ハリとうるおいのある肌を作り上げてくれます。

ネオわらびはだの注目の技術として採用されたのが、美容ナノテクノロジー技術である「プラチナポーション」です。

「プラチナポーション」とは、プラチナコロイドという美容成分の膜で、20種類の美容成分を包みこみ、肌の角質まで浸透し届けることができる技術です。

この技術のおかげで、肌の深部である角質まで美容成分をしっかりと届けることが出来るのです。

20種類の美容成分には、
新しいエイジングケア成分であり、お肌のハリ・弾力因子であるコラーゲンやエラスチンを促進してくれる「ネオダーミル」、
肌のハリを保つ成分である「加水分解卵殻膜エキス」、保湿や保水など肌を整える成分である「アロエベラエキス」、
そして皮膚を保護する「アルブチン」や、肌の漂白剤との異名を持ちシミにもアプローチする「アルブチン」などが含まれています。

わらびはだの効果

わらびはだは、肌のターンオーバーを正常な状態にする働きがあり、角質ケアや保湿ケアにおすすめの製品です。

肌の再生や傷を修復する作用のあるEGF(ヒトオリゴペプチド-1)が含まれており、肌のターンオーバーを正常な状態に戻してくれます。

そのため、顔や首だけではなく、ざらつきがちなひじ、かさつきがちなかかと等の角質ケア、保湿ケアとしてもおすすめです。

さらに、強力な抗酸化作用があるコエンザイムQ10 ( ユビキノン)、肌の新陳代謝を促進する馬プラセンタ、潤いや水分量を高めるヒアルロン酸も含まれているので、年齢を重ねたお肌にもとても有効です。

また、弱酸性、無香料、無着色、無鉱物油、ノンパラベンですのでとてもお肌に優しい製品です。

わらびはだの購入については、こちらの記事も参考にしてください。→→→ わらびはだの定期お届けコース(定期便)の解約は簡単?回数縛りは?これを知らずに始めるのは・・・

ネオわらびはだがお肌のハリに効果のある理由

”わらびはだ”とは、沖縄の方言で「赤ちゃんの肌」、そして”ネオ”とは、ギリシア語で「新生や復活」を意味します。

ネオわらびはだが目指したのは、生まれたばかりの赤ちゃん肌。

赤ちゃんのような、ふわふわモッチリ感を追及し、ハリのある肌を目指します。

そこで、ネオわらびはだが取り入れたのが新しいエイジングケア成分である「ネオダーミル」です。

「ネオダーミル」とは、バイオテクノロジーによって生まれた新細胞エネルギー源で、お肌のハリ・弾力因子であるコラーゲンやエラスチンの算出を促進し、ハリのある肌へと導きます。

ネオわらびはだは、化粧水、乳液、クリーム、美容液の4役をこれ1本でこなすオールインワンジェルですので洗顔後はこれ1本でOK、乾燥などの気になる箇所には重ね付けして頂くことで、とても簡単にハリのあるお肌へと近づけます。

わらびはだとネオわらびはだの違いについてのまとめ

わらびはだは、肌の再生や修復に重点を置いている製品ですので、ざらつきやかさつきなどに対する角質ケア、保湿ケアとしてとてもおすすめの製品です。

強力な抗酸化作用がある成分や、肌の新陳代謝を促進する成分も含まれているので、年齢を重ねたお肌にもとても有効です。

また、ネオわらびはだは新しいエイジングケア成分である「ネオダーミル」をはじめとした最新の技術と成分と、アロエベラエキスなどの天然素材をかけ合わせた

20種類の美容成分を包みこみ、肌の角質まで浸透し届けることができるので、特にお肌のハリや弾力にしっかりとアプローチしてくれますので、それぞれの特徴に合わせてお選びいただけます。

このように角質ケア・保湿ケアに効果の期待できるわらびはだはこちらの公式サイトより購入ができます。ネオわらびはだは、公式サイトの最下部の会社概要より購入ページで移動できます。
↓↓↓

わらびはだの公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました